▶︎どんな不動産でも買い取ってくれる業者をお探しでありませんか?

【不動産一括査定のおすすめサイト20選】無料査定で高額売却を実現しよう!

不動産 一括査定 おすすめ 不動産 無料査定 おすすめ

不動産の売却にあたって一括査定サイトの利用を検討しているものの、どのサービスを使えば良いか迷っている人は多いでしょう。

各サイトで提携している不動産会社が異なるため、一括査定サイトによって売却価格や売却期間が変わる場合もあります。

一括査定サイトを選ぶときは、提携会社数や同時依頼数をチェックするのが基本です。提携会社数が多ければ広い地域に対応できますし、同時依頼数が多ければより多くの不動産会社を比較できます。

この記事では、上記の基本を押さえたうえでおすすめの一括査定サイトを紹介しています。特徴別に詳しく解説しているので、自分の希望や状況に合わせて使い分けましょう。

初めて不動産を売る人や、現在の不動産会社に不満があって切り替えを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

>>【無料で価格がわかる!】不動産のオンライン一括査定はこちら

この記事のポイント!
  • 一括査定サイトによって提携不動産会社が異なる。
  • 無料査定で複数の不動産会社を比べられるのが一括査定のメリット。
  • 一括査定サイトを選ぶときは「提携会社数」や「最大依頼数」を見るのがポイント。

目次

【すべて無料】不動産一括査定サイトのおすすめTOP20選

不動産一括査定サイトは、物件情報を入力することで複数の不動産会社にまとめて査定を依頼できるサービスです。

あくまで「売主と不動産会社をつなげるサービス」であり、一括査定サイトの運営者自体は基本的に不動産会社ではありません。査定後は、不動産会社と直接やり取りが必要です。

しかし、各サイトで提携する不動産会社の選別基準が違うため、どの一括査定サイトを使うかで査定結果や売却結果が大きく変わります。

ここでは厳選した一括査定サイトを特徴別に紹介していきますが、どのサイトも優良かつ信頼できる不動産会社と提携しています。

いずれも無料で利用できるので、気になるサイトは気軽に利用してみましょう。

1.【イエウール】エリアカバー率No.1を達成

イエウール
画像引用:イエウール

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
2,000社超 6社 2014年
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
全国 60秒 売却成立サポート数年間20万件突破 マンション・アパート・ビル(一室~一棟)
戸建て
土地
店舗・事務所・倉庫、農地
その他
株式会社Speee

横スクロールできます→

イエウールは、国内の大手不動産会社だけでなく、各地にある地元密着型の不動産会社とも多く提携している一括査定サイトです。

東京商工リサーチの「不動産の一括査定サイトに関するランキング調査」ではエリアカバー率No.1を達成しており、全国どこの物件でも幅広く対応できるのが強みです。

参照:PR TIMES「不動産一括査定サービス「イエウール」が、東京商工リサーチ「不動産の一括査定サイトに関するランキング調査」にて、利用者数・提携不動産会社数・エリアカバー率で全て1位を獲得」

都市部だけでなく、地方・郊外でも対応可能な不動産会社が高確率で見つかるため、他社の不動産会社で売却を断られた人にもおすすめできます。

また、売主からクレームの多い企業は提携を解除し、優良企業だけが残るシステムを取っているので、売却条件の良い不動産会社が多いのも特徴です。

「なるべく高値で確実に不動産を売りたい」という人は、ぜひイエウールの無料査定を利用してみましょう。

2.【LIFULL HOME’S】不動産会社の情報がわかりやすい

LIFULL HOME'S
画像引用:LIFULL HOME’S

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
3,661社 6社 1997年
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
全国 60秒 サービス利用者数838万人 マンション
戸建て
土地
投資用物件(一棟~区分)
倉庫・工場
株式会社LIFULL

横スクロールできます→

LIFULL HOME’Sは、提携企業数が3,000社以上と業界でもトップクラスの一括査定サイトです。正確な情報の提供に努めており、独自の掲載基準で厳正に不動産会社を審査しています。

物件情報の入力後に見られる不動産会社の情報がわかりやすく、会社の特徴や強みを知ることができます。

不動産の売却では「不動産会社との相性」も大切なので、各社の雰囲気を事前に知っておきたい人にはおすすめの一括査定です。

3.【SUUMO】査定の同時依頼数が10社と多め

SUUMO
画像引用:SUUMO

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
約2,000店舗 10社 2009年(1976年から情報誌発刊)
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
全国 60秒 非公表 マンション
戸建て
土地
株式会社リクルート

横スクロールできます→

SUUMOは、株式会社リクルートが運営する不動産総合情報サイトです。紙の情報誌発刊から数えると、約50年の歴史があります。

同時に最大10社まで査定を依頼できる点が特徴で、提携企業数が1,000を超える大手サイトのなかではもっとも多くなっています。

大手企業が運営しているという安心感もあり、使いやすさや機能面、情報量などでも高い評価を受けているサイトです。

4.【HOME4U】NTTデータグループ運営で安心のセキュリティ

HOME4U
画像引用:HOME4U

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
約1,800社 6社 2001年
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
全国 60秒 査定依頼件数45万件超 マンション・ビル(一室~一棟)
アパート一棟
戸建て
土地
店舗・事務所・倉庫
その他
株式会社NTTデータ・スマートソーシング

横スクロールできます→

HOME4Uは日本で初めての一括査定サービスで、業界でもっとも長い歴史のあるサイトです。20年間の運営で厳選された優良企業1,800社と提携しているのが魅力です。

運営はNTTデータグループがおこなっており、官公庁や銀行などで培われたセキュリティシステムによって安全に守られています。

個人情報は厳重に保護されるので、インターネットでの査定申し込みに不安がある人でも安心して使えるでしょう。

5.【すまいValue】大手6社の一括査定

すまいValue
画像引用:すまいValue

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
約900店舗 6社 2016年
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
全国 60秒 査定依頼件数40万件超 マンション・アパート・ビル(一室~一棟)
戸建て
土地
その他
小田急不動産
住友不動産販売
東急リバブル
野村の仲介
三井のリハウス
三菱地所ハウスネット

横スクロールできます→

すまいValueは、不動産業界でもトップクラスの大手6社が協働して運営する一括査定サイトです。いずれも名の知れた不動産会社で、これらの企業にまとめて査定を依頼できるのはすまいValueのみとなります。

不動産会社直営であることや、大手であることの強みを活かして、スピーディーかつ適正価格での売却を実現します。

設備補償や買取保証制度など売却前後のサポートも充実しており、売主・買主双方が安心して取引することが可能です。

6.【イエイ】「イエローカード制度」で悪質業者を排除

イエイ
画像引用:イエイ

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
約1,700社 6社 2007年
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
全国 60秒 利用者数400万人以上 マンション・ビル(一室~一棟)
アパート一棟
戸建て
土地
店舗・事務所・工場・倉庫
農地
その他
セカイエ株式会社

横スクロールできます→

イエイは累計400万人以上の利用者がいる大手一括査定サイトで、全国1,700社以上と提携しています。

提携企業の質を保つため独自の「イエローカード制度」を設けており、売主からクレームのあった不動産会社は提携から解除される仕組みとなっています。

売主をサポートする専任スタッフも常駐しており、不動産売却に関する疑問や悩み、不動産会社とのトラブルなど、あらゆる相談に対応してもらえるのも特徴です。

7.【リビンマッチ】買取専用の一括査定あり

リビンマッチ
画像引用:リビンマッチ

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
約1,700社 6社 2006年
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
全国 45秒 非公表 マンション・ビル(一室~一棟)
アパート(一棟)
戸建て
土地
店舗・工場・倉庫
農地
その他
リビン・テクノロジーズ株式会社

横スクロールできます→

リビンマッチは、最短45秒の簡単入力で査定を依頼できる一括査定サイトです。特徴的なのは、通常の売却査定のほかに買取専用のフォームがある点です。

買取とは?
不動産会社が物件を直接買い取る方法。価格は相場より安くなるが、業者が買主となるため早ければ数日で売却できるのがメリット。

他のサイトでも買取業者に査定してもらうことは可能ですが、買取専用で一括査定を依頼できるのはリビンマッチのみとなります。「とにかく早く売却したい」という人は、買取専用フォームからの査定依頼がおすすめです。

通常の一括査定を見ても、1,700社以上と連携している大手一括査定サイトの1つなので、状況に応じて使い分けてみましょう。

8.【おうちクラベル】AIによる査定額を提示

おうちクラベル
画像引用:おうちクラベル

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
約1,500店舗 非公表 2015年
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
全国 60秒 非公表 マンション(一室~一棟)
アパート一棟
戸建て
土地
その他
SREホールディングス株式会社

横スクロールできます→

おうちクラベルは、ソニーグループのSREホールディングス株式会社が運営している一括査定サイトです。

AIクラウド&コンサルティングや不動産テックを主な事業にしており、おうちクラベルでもAIを使った高精度な査定額を提示してもらえます。

AI査定と通常の査定を見比べることで客観的に相場を把握し、高値で売れる不動産会社を判断することが可能です。

9.【いえうり】入札制度でより高く売れる不動産会社がわかる

いえうり
画像引用:いえうり

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
1,397社 6社 2021年
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
全国 60秒 最大数十社 戸建て
土地
マンション
Non Brokers 株式会社

横スクロールできます→

いえうりは入札制度で査定を募る仕組みが特徴です。不動産会社同士の入札競争が発生するため、相場より高く売れる可能性があります。

売主は入札結果をもとに話してみたい不動産会社を選び、いえうりを通して連絡を取るという仕組みです。

査定時に個人情報は公開されないため、しつこい勧誘や連絡先の漏洩といったリスクを避けられるのも利点です。

10.【不動産売却の窓口】媒介契約で祝い金がもらえる

不動産売却の窓口
画像引用:不動産売却の窓口

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
1,100社超 非公表 2017年
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
全国 60秒 非公表 マンション・ビル(一室~一棟)
アパート(一棟)
戸建て
土地
店舗・工場・倉庫
農地
その他
リビン・テクノロジーズ株式会社

横スクロールできます→

不動産売却の窓口は、「大手から地元密着まで、比べて、選べる」をコンセプトにした一括査定サイトです。査定を申し込めば、最短即日で複数の不動産会社から査定が送られてきます。

不動産売却の窓口を通して媒介契約(不動産会社との契約)が成立した場合、全員に3,000円の商品券がもらえます。

売却できたかどうかは関係ないため、不動産会社と契約を結んだ段階で祝い金をもらえるのが嬉しいポイントです。

11.【すまいステップ】加盟会社の審査基準が厳格

すまいステップ
画像引用:すまいステップ

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
1,000社以上 4社 2020年
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
全国 約2分 年間利用者数500万人以上 マンション・ビル(一室~一棟)
アパート(一棟)
戸建て
土地
店舗・事務所・倉庫
その他
株式会社Speee

横スクロールできます→

すまいステップは、厳しい審査に通った優良企業のみを掲載している一括査定サイトです。

担当者レベルでの審査があり、「売買仲介営業5年以上経験」「累計100件以上の売買仲介実績」といった基準を満たしている不動産会社しか提携できません。

各地域における代表的な不動産会社のなかでも優秀な担当者を紹介してもらえるため、市場相場より高値で売れる可能性もあります。

12.【リガイド】Yahoo!からの引き継ぎで簡単入力

リガイド
画像引用:リガイド

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
900社以上 10社 2006年
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
全国 60秒 非公表 マンション・アパート・ビル(一室~一棟)
戸建て
土地
店舗・事務所
その他
株式会社ウェイブダッシュ

横スクロールできます→

リガイドは2006年から運営している老舗の一括査定サイトで、独自審査を通過した900社以上の不動産会社と提携しています。

入力フォームがシンプルなうえ、Yahoo!のユーザー情報を使って自動入力も可能なため、簡単に査定を申し込めます。

最大10社の不動産会社に依頼できるので、より多くの査定額を比較し高値で売ることが可能です。

13.【いえカツLIFE】リースバックにも対応

いえカツLIFE
画像引用:いえカツLIFE

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
500社 6社 2012年
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
埼玉件
千葉県
東京都
神奈川県
60秒 非公表 マンション(一室~一棟)
アパート・ビル(一棟)
戸建て
土地
再建築不可物件
借地権・底地権
その他
株式会社サムライ・アドウェイズ

横スクロールできます→

いえカツLIFEは、首都圏を中心に展開する一括査定サイトです。全国対応ではありませんが、「リースバック」にも対応しているという特徴があります。

リースバックとは?
マイホームを売却したあとも住み続けることができるサービス。売却後、買主との間に賃貸借契約を結ぶ。

仲介・買取・任意売却の3つから売却方法が選べ、各パターンの査定額も提示されるため、最適な売却方法を見つけることが可能です。

14.【マンションナビ】マンション特化でWeb上から相場がわかる

マンションナビ
画像引用:マンションナビ

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
約2,500店舗 9社 2011年
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
全国 45秒 利用者数500万人超 マンション マンションリサーチ株式会社

横スクロールできます→

マンションナビは、その名の通りマンションの売却に特化した一括査定サイトです。提携している不動産会社もマンション売却に強みを持つ企業ばかりで、高額売却が期待できます。

提携会社数は2,500社以上と、マンション売却に特化していながら大手サイトに負けない規模なのも大きな特徴です。

査定だけでなく、過去の取引事例をもとにした相場価格や、最新の市場データをもとにした各地域の売りどき指数を公開しているので、マンション売却時にはぜひチェックしてみましょう。

15.【タウンライフ不動産売買】郵送・FAXで査定書の取り寄せ可能

タウンライフ不動産売買
画像引用:タウンライフ不動産売買

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
180社 非公表 2014年
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
全国 60秒 非公表 マンション(一室~一棟)
アパート・ビル(一棟)
戸建て
土地
店舗・工場・倉庫
農地
その他
タウンライフ株式会社

横スクロールできます→

タウンライフ不動産売買は、提携会社数は180社程度と少なめですが、査定書を郵送やFAXで送ってもらえるというメリットがあります。

一般的な一括査定サイトはメールやサイト内でしか査定を確認できませんが、タウンライフ不動産売買なら「紙で査定書が欲しい」という人も使いやすいでしょう。

不動産売却の基礎知識や心得がわかる「不動産パーフェクトガイド」がもらえるので、初めて不動産を売る人も安心して売却活動を始められます。

※不動産パーフェクトガイドはPDF形式によるメール送付のみ

16.【ズバット不動産売却】熟練の担当者にサポートしてもらえる

ズバット不動産売却
画像引用:ズバット不動産売却

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
非公表 6社 2020年
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
全国 58秒 利用者数1800万人超
※不動産以外の比較サービス含む
マンション(一室~一棟)、アパート・ビル(一棟)
戸建て、土地
その他
株式会社ウェブクルー

横スクロールできます→

ズバット不動産売却は、数々の比較サイトを運営する株式会社ウェブクルーの不動産査定サイトです。20年以上の比較サイト運営で培った経験を活かして、ユーザーの使いやすい査定サービスを提供しています。

提携企業には厳しい基準を設けており、不動産業界歴10年以上、不動産コンサルティングマスター、宅地健物取引士など知識と実力のある担当者にサポートしてもらえます。

情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格であるISO27001を取得しており、セキュリティ面でも安心できるサイトです。

17.【不動産売却査定君】24時間年中無休で相談可能

不動産売却査定君
画像引用:不動産売却査定君

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
300社以上 6社 2015年
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
全国 60秒 年間受付数20万件以上
※不動産以外の比較サービス含む
マンション・ビル(一室~一棟)、アパート(一棟)
戸建て、土地
店舗・事務所、工場・倉庫
その他
シェアリングテクノロジー株式会社

横スクロールできます→

不動産売却査定君は、東証上場企業のシェアリングテクノロジー株式会社が運営する一括査定サイトです。大手を含めた多数の優良不動産会社が提携し、最適な査定結果を受け取れます。

特徴は24時間365日対応の電話相談窓口で、サイトの使い方で迷ったときはいつでも相談することが可能です。

グループ全体の年間受付数は20万件を超えており、経験豊富なコールセンタースタッフに査定依頼のサポートをしてもらえます。

18.【マンションマーケット】マンションに関するお役立ち情報が満載

マンションマーケット
画像引用:マンションマーケット

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
非公表 4社 2014年
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
全国 60秒 毎月利用者50万人超 マンション 株式会社マンションマーケット

横スクロールできます→

マンションマーケットはマンションのみに特化した一括査定サイトですが、月間の利用者が50万人を超える人気サイトです。

査定だけでなく、相場価格や過去の取引事例、担当エージェントの売却実績やプロフィールなどを閲覧できるなど、売却に関するなどのお役立ち情報が充実しています。

会員登録をすれば資産価値レポートや簡易査定機能の利用も可能になり、快適にマンションの売却を進められます。

19.【HowMa】AIによる匿名・スピード査定

HowMa
画像引用:HowMa

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
非公表 制限なし 2015年
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
全国 非公表 戸建て、マンション 株式会社コラビット

横スクロールできます→

HowMaはAIによる査定システムで、簡単な物件方法を入力すれば瞬時に査定額がわかるサイトです。人の主観や企業の都合が介在しない、客観的な査定額を調べられます。

登録した物件は個人情報がわからない形で提携企業に配信され、それを見た各社が売却オファーを出すという形式になっています。

オファーを受けるまでユーザーは匿名で利用できるので、不動産会社から営業をかけられる心配もありません。自分のペースで各社を比較することが可能です。

20.【不動産査定エージェント】売主目線の情報が豊富

不動産査定エージェント
画像引用:不動産査定エージェント

提携会社数 最大同時依頼数 要望・備考欄の有無 机上/訪問査定の選択 運営開始
439社 非公表 2012年
対応エリア 最短入力時間 実績 対応不動産 運営会社
全国 60秒 利用者30万人超 戸建て、マンション セカイエ株式会社

横スクロールできます→

不動産査定エージェントは、シンプルで見やすいデザインが特徴の一括査定サイトです。

サイト利用者の口コミが充実しており、実際に不動産を売却した人の意見を見ることで具体的な売却イメージを持つことができます。

不動産売却に関する基礎知識を解説するお役立ち情報もあり、初めて不動産を売るという人も安心して使えるでしょう。

不動産一括査定は高額・スピーディー売却に必須なサービス

おすすめの一括査定サイトを紹介しましたが、「そもそも一括査定を使うメリットは?」「一括査定と普通の査定はなにが違うの?」といった疑問を持つ人もいると思います。

一括査定を使わなくても、不動産会社に直接査定を依頼することは可能です。しかし、1社だけの査定額で売却活動を始めると、売却活動で不利になることもあります。

なるべく高額・スピーディーな売却をおこなうためには、一括査定の利用は必須といっても良いでしょう。

ただし、上記のようなメリットがある一方、場合によっては営業電話に煩わしさを感じるケースもあります。

一括査定のメリット・デメリットを解説していくので、査定を申し込むときの事前知識として押さえておきましょう。

無料査定で手軽に相場を調べられるのがメリット

不動産会社は各社で得意なジャンルが異なるため、同じ物件でも査定額が数百万円違う場合があります。

1社だけにしか査定してもらっていないと、その査定額が相場通りなのか判断するのはむずかしいのです。

一方、一括査定で複数の不動産会社に査定してもらえば、おおまかな相場を把握できます。コストは一切なく、無料で簡単に相場を調べられます。

手軽に相場を把握し、そのなかで高額売却が可能な不動産会社を見つける方法として、一括査定はもっとも効果的なサービスといえるでしょう。

「相性の良い不動産会社」が見つかればスムーズに売却できる

複数の不動産会社を比較することは、相性の良い不動産会社を見つけられることにつながります。

先にも解説しましたが、不動産会社によって得意なジャンルは異なります。「マンション売却が得意」「戸建ての売買実績が豊富」などの違いがあるので、売却物件と相性の良い不動産会社を選ぶことが大切です。

また、担当者の接客態度も重要なポイントです。担当者との相性が悪いと、契約したあとも事あるごとにストレスを溜めてしまうことになります。

不動産売却は「人と人のつながり」で成立するものなので、相性の悪い担当者では気持ち良く売却活動ができません。性格や対応速度などを見て、信頼できそうな担当者に依頼しましょう。

査定額で必ず売れるわけではないので注意

複数の査定額を調べられるのが一括査定のメリットですが、必ず査定額通りに売れるわけではない点は覚えておきましょう。

査定額とは不動産会社が「この価格なら売れる」と予想した価格であり、実際の売却価格は買主との交渉で決定します。

買主から値下げを求められる場合もありますし、長期間売れないと不動産会社から値下げを提案されるケースもあります。

ただし、反対に査定額より高値で売れる場合もあります。実際に売り出すときの価格を決めるのは売主自身なので、査定額より高く売れると思うのであれば、価格を上乗せするのも1つの方法です。

営業電話がかかってくる点はデメリット

一括査定のデメリットは、高確率で不動産会社から営業電話がかかってくる点です。

優良な不動会社であれば迷惑になるような電話はしてきませんが、一括査定自体が複数の不動産会社に査定してもらうものなので、申し込み後の連絡はどうしても多くなります。

人によっては煩わしさを感じ、落ち着いて検討できない場合もあるでしょう。

一括査定による不動産会社のしつこい営業やその対策については、下記の関連記事も参考にしてください。

不動産 一括査定 しつこい 不動産の一括査定を使うとしつこい営業があるのは本当?具体的な対策方法を解説!

価格を知りたいだけなら匿名査定サービスの利用もおすすめ

不動産をすぐに売るつもりがなく、おおまかな価格だけを知りたい場合は、匿名で使える査定サービスを使うのがおすすめです。

個人情報を入力する必要がないため、不動産会社からの営業電話を防ぐことができます。

ただし、匿名査定のほとんどは概算になるため、物件ごとの事情は考慮されません。すぐに売却する予定があり、より正確に価格を調べたいのであれば、一括査定を利用したほうが良いでしょう。

匿名査定サービスについては関連記事でも解説しているので、こちらも参考にしてください。

不動産 査定 匿名 【不動産の査定】が匿名でできるサービス8選!メリットやデメリットを詳しく解説します

一括査定サイトを選ぶときに見るべきポイント

一括査定サイトを選ぶときに見るべきポイントは、主に次の3つがあげられます。

  • 提携会社数
  • 最大依頼数
  • 対応物件タイプ

各サイトが独自に提供している機能・サービスも大切ですが、まずは上記3点をチェックするのが基本です。

各ポイントについて詳しく解説していきます。

提携会社数

提携会社数は、その一括査定サイトにおいて「どれだけ選択肢があるのか」の指標になります。

一括査定のメリットは「比べて選べること」ですが、提携会社数が少なければ選べる不動産会社は少なくなります。

また、提携会社数が多ければ対応地域も広くなるので、地方・郊外の物件を売却したいときも重要なポイントとなるでしょう。

最大依頼数

最大依頼数とは、1回の申し込みで査定を依頼できる企業の数です。「比べて選べる」という一括査定のメリットを考えると、最大依頼数も重要な指標といえます。

ただし、多ければ良いというわけではなく、何十社にも依頼してしまうと選別が大変になってしまいます。おおむね6社前後に依頼するのが一般的です。

この記事で紹介した一括査定も4社~10社までとしているサイトが多いため、査定の段階である程度絞って、契約する1社をじっくりと選びましょう。

対応物件タイプ

その一括査定サイトがどのような物件タイプに対応しているかも、最初に確認しておきましょう。

戸建てやマンション一室なら大抵は対応してもらえますが、工場・事務所のような事業用物件や、農地のような特殊な物件は、対応できる不動産会社も少なくなります。

入力フォームで「物件種別」を選ぶサイトがほとんどなので、そのなかに売却予定の物件が含まれるか確認して申し込みましょう。

一括査定サイトを利用するときの流れ

最後に、一括査定サイトを使ったときの流れを見ていきましょう。

STEP.1
査定依頼
物件情報・個人情報を入力し、査定を依頼する。
STEP.2
不動産会社から連絡
メールや電話などで、各不動産会社から連絡がくる。
STEP.3
査定
実際に査定をおこなう。査定には「机上査定」と「訪問査定」の2種類がある。
STEP.4
契約
不動産会社と契約を結ぶ。仲介なら「媒介契約」を結んで買主を探すが、買取なら不動産会社と直接「売買契約」をおこなう。
STEP.5
売買成立
買主が見つかったら売買が成立し、物件を引き渡す
「机上査定」と「訪問査定」の違い
机上査定は所在地や面積など資料状のデータのみで判断する簡易的な査定で、訪問査定は現地で物件の状態を確認する精度の高い査定。机上査定・訪問査定の2段階でおこなうケースが一般的だが、どちらか一方だけおこなう場合もある。

STEP.4の不動産会社と契約を結ぶ前であれば、いつでもキャンセルすることが可能です。査定をしたからといって売却を強制されることはないため、気軽に申し込んでみましょう。

まとめ

不動産の一括査定は、短期間でなるべく高く売るためには積極的に利用したいサービスです。

様々なサイトがあるため迷うこともあるかと思いますが、この記事を参考にすれば適切な一括査定を選べるでしょう。

一括査定を利用して優良な不動産会社を見つければ、妥協のない不動産売却が可能です。大切な不動産を納得いく価格で売るために、ぜひ活用してみてください。

一括査定についてよくある質問

一括査定ではどんなサービスを受けられますか?

複数の不動産会社にまとめて査定を依頼し、各社の査定額を比較することでより優良な不動産会社を選べます。

一括査定にお金はかかりますか?

いいえ、かかりません。無料で査定することが可能です。

一括査定サイトを選ぶときのポイントはなんですか?

提携している不動産会社の数や、同時に依頼できる企業数をチェックしましょう。売却予定の物件に対応しているかどうかを確認しておくことも大切です。

査定を依頼した不動産会社からの営業がしつこい場合、なにか対策はありますか?

まずは「売却を依頼しない」という意思をはっきり伝えましょう。また、一括査定サイトの運営者に報告して営業を止めてもらう方法も効果的です。

おすすめの一括査定サイトはありますか?

提携不動産会社数2,000件以上の一括査定サイト「イエウール」なら、全国対応でどのエリアでも査定に対応してもらえます。年間売却サポート件数は年間20万件を超えるため、実績の豊富さからもおすすめです。→【オンラインで価格がすぐわかる!】不動産の一括査定はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。