▶︎どんな不動産でも買い取ってくれる業者をお探しでありませんか?

新築マイホーム購入も後悔で売りたい、注意すべき点や少しでも高く売る方法とは?

新築 後悔 売りたい マイホーム 後悔 売りたい

念願のマイホームを新築で購入したものの、後悔してしまうパターンも残念ながらゼロではありません。

マイホーム購入を後悔している理由として多いのは、住宅ローンの返済が厳しかった、住んでみたら思った以上に不便だった、などが一般的です。

売却する理由が買主にとってもデメリットとなることであれば、売却価格に当然影響してきます。内容によっては、なかなか売れないケースも少なくありません。

一方で、中古不動産市場では、築浅であれば売りやすくなります。築浅物件は人気があるため、すぐに売却する場合は短期間での成約や高値売却が期待できるでしょう。

なるべく高値で売るためには、優良な不動産会社を探すことも大切です。一括査定で複数業社を比較し、もっとも条件のよい不動産会社を選びましょう。

→【最大6社を比較!】不動産の無料一括査定はこちら

この記事のポイント!
  • 「住宅ローンの返済が厳しい」「思ったより不便」という理由で新築マイホームを売るケースもある。
  • なるべく高く売るためには、相場の把握や不動産会社の比較が大切。
  • 売却時には住宅ローンの完済が必要なので注意。

目次

新築でマイホーム購入も後悔して売却している人の主な理由

「念願叶って、新築でマイホームを購入した!」

人生にとってマイホーム購入は、大きな出来事であることは間違いありません。しかし、念願叶って購入したマイホームであるにも関わらず、後悔してしまうこともあります。

では、実際に新築でマイホームを購入した人は、どのような点で後悔しているのでしょうか?まずは、新築でマイホームを購入した人が、売却を考える理由について紹介していきます。

  • ①住宅ローンの返済が厳しい
  • ②駅から遠いなど、不便だった
  • ③住環境が思った以上に悪かった
  • ④住んでからわかった問題点がたくさんあった

①住宅ローンの返済が厳しい

一つ目は、住宅ローンの返済が厳しいことです。

現在、住宅ローンの金利は史上最低金利となっています。金利が低いことで返済が楽な分、無理して多額のローンを組んでいるケースもあるようです。

昨今は、住宅価格が高騰していることから、少ない所得で無理して多額のローンを組むケースは珍しくありませんが、ローンの組み過ぎは後々家計を圧迫します。

例えば、会社の業績不振から給与カットなどに遭い収入が減ったことや、子供の教育費などの支出が増えると、一気に住宅ローン支払いが厳しくなることもあります。以下に、住宅ローンの返済が厳しくなる主な理由について解説します。

住宅ローンの返済が厳しくなる主な理由

住宅ローンの返済が厳しくなる主な理由について3つ取り上げ、各々を解説します。

  • A.100%ローンで借りてしまった
  • B.ペアローンで借りるも配偶者が休職し、返済が追い付かなくなった
  • C.収入が減った
A.100%ローンで借りてしまった

まずは、100%ローンで借りてしまったことです。

100%ローンとは、自己資金0円、物件の購入費用を全てローンで調達することになります。100%ローンのうち、年収ギリギリでローンを組んでしまった場合が最も危険な状態です。

仮に、ローン支払い開始後に金利が上がってしまうケースや、会社の業績低迷から給与やボーナスカットとなり、支払いが厳しくなることが考えられます。

よって、住宅ローンは返済に余裕を持てるような金額に抑えること、住宅購入時には物件価格に対し10%程度の自己資金の用意が望ましくなります。

B.ペアローンで借りるも配偶者が休職し、返済が追い付かなくなった

次に、ペアローンで借りるも配偶者が休職し、返済が追い付かなくなったことです。

夫婦でペアローンを組んで購入したものの、配偶者が産休期間に入り、一気に家庭の収入が激減したことでローンの支払いが厳しくなるケースがあります。

ペアローンは、主債務者一人では資金計画が成り立たないときなどに行うものです。新婚でこれから子育ての予定がある夫婦は、ペアローンの組み方については十分注意が必要となります。

C.収入が減った

最後は、収入が減ってしまったことです。

上場企業に勤めていれば、給与が右肩上がりとなるケースが多いのですが、なかには会社の業績不振により給与やボーナスのカットとなることがあります。このように収入は、勤めている会社の規模や業績などにより将来的に変動する可能性があります。

よって、現在の収入でも余裕を持った範囲でローンを組むのがおすすめです。

②駅から遠いなど、不便だった

二つ目は、最寄り駅から遠いなど、総じて不便であったことです。

例えば、最寄り駅までは徒歩25分の立地であるものの、バス路線が充実していることや自転車でも通えると鑑みマイホームを購入したケースになります。マイホーム購入時は駅までの遠さよりも、敷地や物件の広さを優先していました。

しかし、いざ住み始めてみると最寄り駅の月極駐輪場が取れないこと、バスは毎朝遅れてくることや満員で座れないなど、不便さを感じるポイントがたくさんあったのです。

このように、駅が遠いというデメリットをカバーする物件としてのメリットがあったものの、日々の利便性に勝るものはありました。

③住環境が思った以上に悪かった

三つ目は、住環境が思った以上に悪かったことです。

新築住宅は、全て閑静な住宅街に建つとは限りません。立地によっては、幹線道路沿いや鉄道の高架近くなど騒音や排気ガスが懸念される立地に建設されることがあります。

このような立地でマイホームを購入するときには、一定の騒音や排気ガスなど住環境の悪さは想定します。しかし、いざ住んでみると思った以上にバスやトラックの往来が多いことや道路の渋滞は日常茶飯事、鉄道の高架下の騒音が思った以上に煩いなど、住んでみるとわかることもあります。

④住んでからわかった問題点がたくさんあった

先述でも少し触れていますが、マイホームに住んでから問題点がたくさんあることがわかるケースは他にもあります。

例えば、日当たりが悪かった、です。

マイホームを購入したのが春先の場合、夏至に向けて日当たりは良くなっていきます。しかし、秋口から冬至にかけては太陽の角度が徐々に下がっていき、周辺に建物が多くあれば日当たりを遮られるケースもあるでしょう。このように、季節により日当たり具合が変わることがあります。

また、間取りが悪かった、若しくは使いにくかったなどの問題点もあります。間取りは、実際に家具を配置してみないと使いやすいか否かは判断しにくいところです。しかし、都市圏の3階建て狭小住宅では大抵細長い間取りが作られているケースが良くあります。

一般的に、間取りは正方形に近い方が使いやすく、長方形に近い細長い間取りは使いにくくなります。また、間取りの形が変形していれば、さらに使いにくくなってしまいます。

他にも、収納が少ない、2階リビングが使いにくい、階段が急で昇り降りが億劫など、住んでから問題点がわかってしまうことはよくあります。

新築のマイホームを本当に売ったほうが良いのか、売らないほうが良いのかを判断するポイント4つ

せっかく新築で購入したマイホームを、売却するか否かは最後まで迷うところです。売却するということは、再度物件を探し引っ越しする手間が掛かります。さらに、引っ越しに伴い住所変更手続きなどが必要となるため、面倒且つ億劫に思う人も多いでしょう。

そこで、この章では新築のマイホームを本当に売るべきか否かについて判断するポイントを4つ紹介します。

  • ①査定額がローン残債を上回れば売却してもよい
  • ②田舎立地の広い家であれば、売らないほうがよい
  • ③築浅であれば売却てもよい
  • ④内装などにこだわった家であれば売却しないほうがよい

①査定額がローン残債を上回れば売却してもよい

まず、マイホームの現在の査定額がローン残債を上回っていれば売却しても良いでしょう。

不動産売買では原則、売却する物件にローン残があれば全て完済し引き渡すことになります。ローンを完済する理由は、抵当権を抹消するためです。抵当権とは住宅ローンに附帯されており、債務者のローン返済が滞った場合、最終的に競売にかけ債権回収できる権利になります。

抵当権がついたままの物件は、買主にとってはデメリットでしかないため、原則ローンを完済し抵当権を抹消して引き渡します。よって、抵当権を抹消するためには住宅ローンの完済が必須であるため、「ローン残債<マイホームの査定額」若しくは売却してもローンが残るようであれば自己資金での完済となります。

つまり、売却資金と自己資金でローンを完済できることが売却できる必須条件となります。なお、ローン返済が厳しくこのままでは返済に行き詰る可能性が高い場合には、任意売却も選択肢に入れても良いでしょう。

任意売却とは、売却額がローン残額を下回り、自己資金でも完済が困難な場合に行う売却方法です。任意売却では、ローン残債は残るものの抵当権を抹消することや、売却完了後に無担保状態で返済が残るなどがあります。

よって、任意売却を行うにはローンを組む金融機関への交渉が必須であることと、任意売却了承後にはいくらで売却活動するかなど金融機関と打ち合わせが必要です。

>>【無料で価格がわかる!】不動産のオンライン一括査定はこちら

②田舎立地の広い家であれば、売らないほうがよい

田舎立地の広い家であれば、売らないほうが良いでしょう。

理由は、田舎立地はそもそも不動産需要が低いこと、広い家となると金額も高くなるため、中古で購入しようと思う人が少ないからです。

つまり、売却しても売れない可能性若しくは新築時の価格より大幅に下回る可能性が高くなります。また、新築時より大幅に安くなると売却資金などでローンを完済できない可能性もあるため、総じて売却はおすすめできません。

③築浅であれば売却したほうが良い

築浅であれば売却したほうが良いでしょう。

築浅の定義は特にありませんが、概ね築5年以内を指します。築浅物件は、中古市場では人気があり、築年数が浅いほど高値且つ早期売却できる可能性が高まります。

よって、築浅物件且つ最寄り駅徒歩15分以内の立地であれば、需要が高い不動産となるので売却がおすすめとなります。

>>【無料で価格がわかる!】不動産のオンライン一括査定はこちら

④内装などにこだわった家であれば売却しないほうがよい

最後に、内装などにこだわった家であれば売却しないほうがよいでしょう。

こだわりや個性の強い家は、中古市場では人気がありません。これは築浅物件であっても同様です。このような家は、自分好みの内装などにするために、別途リフォームなど余計な費用が掛かる可能性があります。

よって、このような手間を掛けるのであれば、別の物件を検討する買主が多く、内装などに多額の費用を掛けた割には需要がないので中古で売却時には大幅に安くなる可能性があります。

つまり、せっかく多額の費用を掛けてこだわった家であれば、売却しないほうがよいでしょう。

買ったばかりのマイホームを少しでも高く売る方法5つ

マイホームを売却するのであれば、少しでも高く売りたいと思う人が多いのではないでしょうか?ここでは、買ったばかりのマイホームを少しでも高く売る方法について5つ紹介します。

  • ①不動産仲介を利用する
  • ②事前に周辺相場などを調査しておく
  • ③一括査定サイトを利用し、複数社に査定依頼する
  • ④不動産の繁忙期を狙い販売する
  • ⑤周辺に新築住宅が販売されていない時期を狙う

①不動産仲介を利用する

一つ目は、不動産仲介を利用することです。

不動産仲介とは、最もオーソドックスな売却方法となります。不動産を売りたい個人と不動産を買いたい個人の間で行われる不動産取引を、不動産会社が仲介することで成立する売却方法です。

不動産仲介の場合、売主は査定額を参考に自由に価格設定ができ、販売状況に合わせて価格の変更が可能となります。つまり、相場に応じた価格で売却できる可能性や、タイミングによっては相場よりも少々高値で売却することを追求できます。

②事前に周辺相場などを調査しておく

次に、事前に周辺相場などを調査しておくことです。

周辺相場の調査は、一般的にレインズマーケットインフォメーションや国土交通省監修の土地総合情報システム、公示地価などから行えます。

周辺相場を把握しておくことで、査定を受けたときの価格の善し悪しが判別できます。具体的には、高すぎる査定、安すぎる査定を出した仲介会社を排除することが可能です。

③一括査定サイトを利用し、複数社に査定依頼する

続いて、一括査定サイトを利用し、複数社に査定依頼することです。

周辺相場を調べた後は、実際にその不動産がどのような評価となるのかを複数社に確認します。このようなときには、一括査定サイトを利用し、複数社からの査定を受けるのが良いでしょう。

なお、一括査定サイトは「イエウール」がおすすめです。イエウールの利用は、完全無料、提携不動産会社は2000社以上と、国内最大級の不動産ポータルサイトです。

よって、築浅物件且つ最寄り駅徒歩15分以内の立地であれば、需要が高い不動産となるので売却がおすすめとなります。

>>【無料査定】イエウール公式サイトはこちら!

④不動産の繁忙期を狙い販売する

続いて、不動産の繁忙期を狙い販売することです。

不動産の繁忙期とは、一般的に春先の3月~5月位になります。この時期は、職場の異動や新たな生活を始める人が多く、不動産需要は必然的に高まっています。需要が高い時期であれば、早期且つ高値売却できる可能性があります。

⑤周辺に新築住宅が販売されていない時期を狙う

最後に、周辺に新築住宅が販売されていない時期を狙うことです。

日本国内では、未だに新築住宅を求める人が圧倒的に多くいます。その件数は、不動産取引全体の70%~80%程度です。よって、周辺に新築住宅が供給されていると中古の販売が進まないことや、新築よりはどうしても割安に見られてしまいます。

つまり、新築住宅の供給があるときには、少しでも高く売ることや早期売却が難しくなるケースがあります。よって、売却するタイミングは周辺に競合となりそうな新築住宅が分譲されていない時期がおすすめです。

マイホームの価値をすぐに知りたいなら、一括査定サイトがおすすめ

マイホームの価値をすぐに知りたいなら、一括査定サイトの利用がおすすめです。

一括査定サイトでは、不動産会社に出向かずにマイホームの今の価値を知ることができます。さらに、複数社から同時に査定結果が出ることで相場金額を掴みやすいです。

また、相場を統計的にまとめることができ、相場から逸脱している査定結果については排除できます。さらに、売却可能な不動産会社を知ることができるなどメリットが数多くあります。

>>【無料で価格がわかる!】不動産のオンライン一括査定はこちら

買ったばかりの家を売る際の注意点5つ

買ったばかりのマイホームを売る際には、注意すべきポイントがあります。ここでは、5つほどポイントを取り上げ解説します。

  • ①ローンは引き渡し時には完済が必須
  • ②売却理由がネガティブな内容であれば、新築時からの大幅な下落は覚悟する
  • ③売り急ぐことはしない
  • ④契約不適合責任が心配であれば住宅診断を受けておく
  • ⑤家の中などは綺麗な状態にしておく

①ローンは引き渡し時には完済が必須

一つ目は、残っている住宅ローンについて、引き渡し時には完済が必須となります。

マイホームを買ったばかりであると、住宅ローンを組んだ直後となるので元本は殆んど減っていない状態となります。特に100%に近いローンを組んでいると、ローン残額が査定額を上回る可能性があります。

よって、まずはマイホームの現在価値を一括査定サイトなどで調べたほうが良いでしょう。

②売却理由がネガティブな内容であれば、新築時からの大幅な下落は覚悟する

二つ目は、売却理由がネガティブな内容であれば、新築価格からの大幅な下落を覚悟します

売却理由が、転勤や実家に帰るなどでマイホームが不要になった、住宅ローンの返済が厳しいなど物件や立地に関してネガティブな内容でなければ、売却価格に影響はありません。

しかし、今回のように住んでみたら思った以上に住環境が悪かった、間取りが使いにくいなど物件や立地についてネガティブな要素が強ければ、売却価格に大きく影響します。

特に中古住宅の場合は、物件や周辺を確認して売買ができるため、ネガティブな要素が強いと商談がなかなか進まないことや、検討自体を買主に回避されることが多くなります。よって、最終的には売れるように価格を安価に下げるしか方法がなくなります。

つまり、不動産需要が高ければ検討者が多く、買主間の競争で高く売れる可能性を追求できます。一方で、不動産需要が低ければ検討者は少なく、買主間で競争が起きづらいことから、高値売却や早期売却を追求することが難しくなります。

③売り急ぐことはしない

三つ目は、売り急ぐことをしない、です。

売り急ぐ気持ちがあることで、大幅な値下げや法外な値引き要求を受けてしまうことがあります。新築で購入後間もない住宅であれば、原則売れる可能性が高い不動産です。よって、少々売却に苦戦しても焦らず冷静な気持ちで挑むことが重要となります。

④契約不適合責任が心配であれば住宅診断を受けておく

四つ目は、契約不適合責任が心配であれば住宅診断を受けておくことです。

住宅診断とはインスペクションとも言われ、住宅の専門家がマイホームの状態を確認します。外装や内装、屋根裏や床下、壁の中など素人ではチェックできない箇所を住宅の専門家が調査していきます。

住宅診断を行うことで、売主は建物の状態を細かく知ることができ、予め是正工事などを行えます。さらに、引き渡す際の建物状況報告書に建物の状態を記載できることで、買主に建物の状態を詳細に伝えることができ契約不適合責任を回避しやすくなります。

中古住宅の取引で住宅診断は必須ではありません。しかし、住宅診断を受けておくことで、後々に建物について買主からクレームになりづらく、取引自体を安心して行えます。

⑤家の中などは綺麗な状態にしておく

五つ目は、家の中などは綺麗な状態にしておくことです。

中古住宅の取引では、買主は建物の状態を確認後に購入か否かを決められます。よって、家の中や庭の植栽などは綺麗な状態にしておき、買主に良い印象を与えることが重要です。

まとめ

念願のマイホームを購入するも後悔している場合には、まずは売却しても良い状態であるのかを確認しましょう

最も確認すべきポイントは、住宅ローンの残額が査定額を下回るかです。原則、売却時に住宅ローンを完済できなければ、新たな買主に引き渡すことはできません。

また、少しでも高く売るには不動産仲介を利用すること、周辺の相場を調査すること、一括査定サイトを利用し複数社に査定することがおすすめとなります。

「新築・後悔・売りたい/マイホーム・後悔・売りたい」に関してよくある質問

新築でマイホームを購入後、後悔して売却する人の主な理由とは何か?

新築でマイホーム購入後、後悔して売却する理由は下記になります。

・住宅ローンの返済が厳しくなり止む無く売却した
・駅から遠いなど、不便だったので売却した
・住環境が思った以上に悪かったので売却した
・住んでからわかった問題点がたくさんあったので売却した

新築でマイホーム購入後に、住宅ローンの返済が厳しくなる人の主な理由とは何か?

以下が、主な理由となります。

・100%ローンで借りてしまった
・.ペアローンで借りるも配偶者が休職し、返済が追い付かなくなった
・収入が減った

住宅ローンが厳しくなるのは、100%ローンやペアローンを組むなど無理なローンを組んでしまったケースです。また、住宅ローン組んだ時よりも収入が減ってしまった場合となります。

新築のマイホームを売っても良いのか否かを判断するポイントとは何か?

新築のマイホームを後悔しているからと売却しても良いのか否かには、判断すべきポイントがあります。以下に、そのポイントを紹介します。

・査定額がローン残債を上回れば売却してもよい
・田舎立地の広い家であれば、売らないほうがよい
・築浅であれば売却してもよい
・内装などにこだわった家であれば売却しないほうがよい

買ったばかりのマイホームを少しでも高く売るコツとは何か?

買ったばかりの家を少しでも高く売るコツは、下記になります。

・不動産仲介を利用する
・事前に周辺相場などを調査しておく
・一括査定サイトを利用し、複数社に査定依頼する
・不動産の繁忙期を狙い販売する
・周辺に新築住宅が販売されていない時期を狙う

買ったばかりの家を売却するときの注意点とは何か?

買ったばかりの家を売却するときの注意点は、下記になります。

・ローンは引き渡し時には完済が必須
・売却理由がネガティブな内容であれば、新築時からの大幅な下落は覚悟する
・売り急ぐことはしない
・契約不適合責任が心配であれば住宅診断を受けておく
・家の中などは綺麗な状態にしておく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。